フェイシャルエステの人気口コミ比較ランキング

フェイシャルエステの人気口コミ比較ランキングを紹介。気になるフェイシャルエステの基礎知識も解説。

20 4月

美顔エステの予算と期間

美顔エステに通う際には、どういったエステを選ぶかということは大切ですし、そのためにはまず自分がどのような理由から美顔エステに行こうとしているのか、それをしっかり考えてみるということも必要になります。

そうすることによって、自分の目的にあったコース設定をしているフェイシャルエステを探しやすくなり、結果的にエステの利用で満足することができるようになるといえます。また、そのコースの内容は、設定されている金額に見合ったものなのかということも、一応考えておきましょう。

そのほかにも、どれだけの期間がその施術にはかかるのかということも、自分の使うエステがそこでいいのかということを考えるための材料になるものです。

同時に、自分としては美顔エステにどれだけのお金をかけたいと思っているか、どれだけの時間を必要だと思っているか、それを確かめながらフェイシャルエステ探しをしてみてください。

フェイシャルエステの使い方としても、一度だけで、まず自分が解消したいと思っている肌のトラブルなどに関しての施術を終えたとしたら、そこでエステに通うことをやめるのか、まだ定期的にエステに行くことになるのか、それも決めていく必要があるといえます。

美顔エステに通う目的が、ある問題を解消するためなのか、それとも例えば美肌を維持するためなのかということでも、エステに通う期間は変わってきますよね。問題を解決するためにエステに通っているということであれば、その問題が解消した時点で、エステには通う必要がなくなるともいえます。

定期的に通うという場合であれば、その美顔エステの値段の面ということでもそうですが、場所的にも自宅や仕事帰りなどに通いやすい場所にあるものなのか、それも考える要素のひとつとして捉えるべきだといえるでしょう。

目的をしっかりと定めておかなければ、納得のいく形でエステを選ぶことはできなくなってしまうかもしれません。予算と時間、そして通いやすいかという点は、最低限エステ選びのために必要になるものだといえるでしょう。美顔エステを選ぶ際にはこういうサイトを参考にするのもおススメです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

美顔エステ

26 3月

ニキビ跡のコース選び 3

真皮層まで働きかけるエステコースは主に二つです。光を用いたエステコースと真皮層への注射になります。
光といっても様々なコースがありますが、ニキビ跡のようにピンポイントで治療したい部位がある場合はフォトフェイシャルやLEDのように全体に光を用いるよりもレーザーのほうがよいでしょう。レーザー治療によるニキビ跡のケアを行っているサロンを探してみましょう。レーザー治療にはダウンタイムと呼ばれる時間が必要になります。皮膚が一時的に火傷をおったようになるためカサブタが出来る場合もあります。ダウンタイムの少ないレーザー治療も発達してきましたが、よく選び確認したうえで治療を受けてください。

注射はニキビ跡の場合ほとんどヒアルロン酸を用います。もともと肌の内部にある成分なので副作用などの心配はありません。ですがヒアルロン酸は年月と共に減少するため、一年ほどで凹みが戻ってしまうため、継続して注射が必要になります。

根本的にケアしたいならレーザー、安全と即効性を選ぶならヒアルロン酸注射と選択が別れるところです。

この場合ニキビケアではなく完全なニキビ跡のためのケアになります。ニキビ治療に関しても効果が欲しい場合は前述のようなコースと平行してケアを受けると良いでしょう。ニキビは落ちついていて色素沈着のニキビ跡のみを治療したい場合はニキビ跡のコースよりも、メラニンの排出を一番に優先する美白コースを選んだほうが良いでしょう。

25 3月

エステで小顔になる方法~セルライト対策など~

エステに顔をまかせるなら、ただ美肌になるだけじゃなく小顔になりたいなぁ……と思う方は多いようです。でも実際に可能なのでしょうか?
実際に調べてみると実に多くのエステサロンが小顔コースを設置しているのが分かります。やはり要望が多ければ提供も多いということですね。数千円とお手ごろな価格帯が殆どですし、また手ごたえが求められるケアなので各サロンお試しでどれだけ効果を感じてもらえるか、かなり力を入れているようですよ。

小顔コースの多くは脂肪、むくみ、顔筋のこりにアプローチしています。これらはひと繋がりになっていて、顔筋がおとろえることでむくみが生じ、むくみが脂肪につながります。ですので顔のむくみをケアし、脂肪と顔筋をゆるめてあげることで顔がスリムになる、という仕組みなんですね。
効果重視でマシーンを導入するサロンもありますし、リラクゼーション重視、あるいはサロン独自のメソッドに自信があるために全て手でのマッサージで行うサロンもあります。

そうそうセルライトは顔周りにもできることはご存知でしたか?頬や顎回りにできやすいため、この部分のケアは少々痛い場合もあります。また顔のこりも初めは痛みを伴う場合も多いです。
セルライトもこりも長年に渡ってそこに居座っていたものなので、どいて貰うにはそれなりの代償をケアして貰う側も払う必要がありそうです。ですがほぐれてくれば気持ちがいいだけになってきますから、必要以上に怖がる心配はありませんよ。

25 3月

ニキビ跡のコース選び 2

イオン導入はどの肌質の方にも有効かつ安全といえるでしょう。超音波を用いてビタミンCを導入するものが殆どです。ビタミンCは毛穴を引き締め、美白作用もあり、にきびの原因となる皮脂の分泌を抑える効果があります。殆ど万能といってよい効果のあるビタミンCですが皮脂の分泌を抑えるため乾燥肌の方の場合、肌のつっぱりを感じたりぴりぴりと刺激を感じるケースがあります。ビタミンCにはいくつもの種類があるため刺激の少ない成分を用いているサロンを選ぶと良いでしょう。現在のところイオン導入で使用されるビタミンC誘導体で最も刺激が少なく効果が高いものはAPPSと呼ばれるものです。刺激が少ないだけでなく浸透力も他のビタミンC誘導体に比べずば抜けて高いので是非お勧めしたい成分です。

光治療は顔全体に光を当てるフォトフェイシャル、LED治療が有効です。美白作用でニキビ跡の色素沈着をケアしながら、同時に光がニキビの原因であるアクネ菌を殺菌します。非常に安全性が高く殆どの場合何の刺激もありませんが、効果に即効性が感じられないかもしれません。

しかしいずれのコースを選んでも継続してこそ効果が得られることに変わりはありません。

ニキビ治療と平行して治療が行えるニキビ跡はほぼ全て色素沈着型です。これはクレーター状のニキビ跡の特性に関係しています。
この皮膚の凹み場合のダメージが肌の奥深く真皮と呼ばれる部分まで達してしまっているからです。真皮層まで働きかける化粧品は日常レベル手にできる範囲では皆無ですし、エステでもハンドマッサージのみなどのコースでは対応はできません。真皮層まで効果を届けることが出来るマシーンなどの必要があるのです。

24 3月

ニキビ跡のコース選び 1

青春のシンボルとも呼ばれるニキビ、誰もが避けては通れない道です。ニキビそのものもやっかいですが、本当にやっかいなのはニキビ跡。色素が沈着してしまったりお月様のクレーターのように凹んでしまったりします。
色素沈着のほうのニキビ跡はまだ対応がやさしいです。中にはシミに変化してしまっているものもあり、その場合ただのニキビ跡よりやや時間が必要になりますが、それでもこちらは美白作用で対応は充分に可能です。クレーター状のニキビ跡は対処がやっかいになります。仕組みを後にご説明しましょう。

ニキビ跡とエステで調べるとおびただしい数のコースがはじき出されます。どれを選べばいいのか迷ってしまうくらいです。

選択の上でまず注意したいのはニキビを治療しながらニキビ跡もケアしたいのか、それともニキビ跡だけをケアしたいのかです。
前者のようなコースも多く、その場合はニキビ跡への効果はニキビに比重を置いたぶんだけ分散してしまいます。ニキビがあるままニキビ跡だけに重点を置いた治療にした場合ニキビが悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。

ニキビ治療と平行して治療を行いたい場合に有効なのはピーリング、イオン導入、光治療などでしょう。

ピーリングはニキビの原因になる表皮の詰まりに働きかけ、美白作用もあるためたいへん有効な手段ですが、皮膚が弱い方の場合は注意が必要です。薬剤を持ちいるものではなくクリスタルピーリング、ダイヤモンドピーリングなど安全性の高く刺激の少ない物理的なピーリングを選ぶとよいでしょう。