フェイシャルエステの人気口コミ比較ランキング

フェイシャルエステの人気口コミ比較ランキングを紹介。気になるフェイシャルエステの基礎知識も解説。

26 3月

ニキビ跡のコース選び 3

真皮層まで働きかけるエステコースは主に二つです。光を用いたエステコースと真皮層への注射になります。
光といっても様々なコースがありますが、ニキビ跡のようにピンポイントで治療したい部位がある場合はフォトフェイシャルやLEDのように全体に光を用いるよりもレーザーのほうがよいでしょう。レーザー治療によるニキビ跡のケアを行っているサロンを探してみましょう。レーザー治療にはダウンタイムと呼ばれる時間が必要になります。皮膚が一時的に火傷をおったようになるためカサブタが出来る場合もあります。ダウンタイムの少ないレーザー治療も発達してきましたが、よく選び確認したうえで治療を受けてください。

注射はニキビ跡の場合ほとんどヒアルロン酸を用います。もともと肌の内部にある成分なので副作用などの心配はありません。ですがヒアルロン酸は年月と共に減少するため、一年ほどで凹みが戻ってしまうため、継続して注射が必要になります。

根本的にケアしたいならレーザー、安全と即効性を選ぶならヒアルロン酸注射と選択が別れるところです。

この場合ニキビケアではなく完全なニキビ跡のためのケアになります。ニキビ治療に関しても効果が欲しい場合は前述のようなコースと平行してケアを受けると良いでしょう。ニキビは落ちついていて色素沈着のニキビ跡のみを治療したい場合はニキビ跡のコースよりも、メラニンの排出を一番に優先する美白コースを選んだほうが良いでしょう。

20 2月

LEDライトでアクネ菌を死滅させてニキビケア

またLEDライトによるケアの開発も進んでいます。コラーゲン育成の促進などは他の機器と変わりはありません。美白に関してはフォトフェイシャルのようにメラニンを破壊というほど劇的な効果はありませんが、新しい生産を抑制し排出を促します。他の光ケアと比べて際立った機能はニキビケアです。

・ニキビケア
青色の光がアクネ菌を死滅させます

安全性が極めて高いため、サングラスも使用しないものもあるようです。

いずれの場合もいえることは日常のケアでは不可能な真皮層への働きかけが行えるということです。通常の化粧品が浸透するのは皮膚の表面である角質層までです。一部の化粧品では真皮層と角質層をつなぐ基底膜に働きかけるものもありますが、あまりメジャーでも安価でもありません。

最も一般的なレーザーが最後になりましたが、美白、シワ、シミ、たるみ、脱毛までと様々なトラブルに対応します。しかし他の光ケアと違い出力が強く、部分に絞られるため、皮膚が炎症を起こすデメリットもあります。ですので一時的にかさぶたが出来てしまうこともあります。その代わり効果が素早く高いという利点もありますので「どうしてもこれだけは我慢できない悩みがあり、さっさと治療してしまいたい」という場合はレーザーを「接客業だ・休日が取れないので普通に生活しながらケアしたい」という場合は光治療をお勧めします。

フォトフェイシャルの赤ら顔のケア、LEDのアクネ菌ケアなどその機器にしか出来ない事もありますので、自分に最適なものを選びましょう。